History 歴史イノウエハウジングの歴史

昭和61年に設立した(株)イノウエハウジングですが、その歴史は戦後間もない昭和21年まで溯ります。戦後の混乱の中、「地元の材木を町の復興に供したい」との思いで開業した井上製材所。以来、製材から材木販売、建設業と、徐々に業容を拡大しながらも、私たちイノウエハウジングは「人や社会と共生する精神」を原点と考えています。

地元の木の温もりを次の世代に伝えるために

1946(昭和21)年 井上製材所を創業

日本が、戦後復興に向けての第一歩を踏み出したその年、八女郡矢部村(現八女市)において井上正巳が「井上製材所」を創業。八女産木材の、建築資材としての活用を促進させる。

1957(昭和32)年 屋号を井上材木店に変更

井上製材所を八女市津江44番地2(イノウエハウジング現住所)に移転。 これに伴い屋号を「井上材木店」に変更し、建築用材木の販売を強化する。同年、経営を井上三千雄(現相談役)に継承。

鳥栖のいえ_015

決意の第一歩

1986(昭和61)年

建設業への進出を決意。「株式会社イノウエハウジング」を設立し、井上三千雄が代表取締役社長に就任。

1995(平成7)年

徐々に着工件数を増やしながら事業を拡大。

この年、イノウエハウジングとしての社員が10人を越え、企業としての体制が整う。この当時の社員は、現在もイノウエハウジングのベテランとして活躍中。

一般住宅だけではなく、商業施設や公共施設の建設も手がけるため、RC(鉄筋コンクリート)建設の分野にチャレンジ。地域自治体の施設や学校校舎、医療福祉施設、集合住宅などの建設を受注するようになる。

1996(平成8)年

井上三千雄の長男であり、イノウエハウジング創業期から営業に奔走した井上正浩(現会長)が、代表取締役社長に就任。代替わりした新たな経営体制で、より現代的なニーズに応えられる建設事業を目指す。

img013

代替わりによって新たな経営体制に

2001(平成13)年

社内に土木業務の担当部を新設。
土木工事を内製化することにより、材木の調達から宅地造成工事、基礎工事、内・外装工事、外構整備等まで、文字通り「全工程一貫体制」が整う。

2011(平成23)年

井上正浩の弟、井上正通が代表取締役社長に就任。
企業理念の1つである『変化を先取りし、自らの変革及び技術の革新に挑戦する』の実践に向け、変化の時代に相応しい企業体制を構築中。