八女郡広川町

  1. TOP
  2. エリア情報
  3. 八女郡広川町

イノウエハウジングについて

八女郡広川町の新築注文住宅・リフォームはイノウエハウジング

『最新のデザイン』
イノウエハウジングは『木造軸組工法』をまずは提案しております。
従来の「木造の家」のイメージを覆し、設計次第では純和風にも完全な洋風にも建てられる自由度の高い工法です。
また圧倒的にコストパフォーマンスに優れているのも特徴。

『最新の技術』
『木造軸組工法』は木造でも大空間をとることが可能であり、木造の体育館や武道場も実際に建築してきました。
建物の用途や目的、お客様の想いなどを聞かせていただき、ベストな計画を考えた時に、鉄骨造やRC造を提案することもできます。

施工事例

  • やさしくてかっこいい家

    やさしくてかっこいい家

    住宅八女郡広川町 A様邸

  • ほど良く自然体で素材感とミニマルさが美しい家

    ほど良く自然体で素材感とミニマルさが美しい家

    住宅福岡県八女郡広川町

  • 広川町立下広川小学校 屋内運動場

    広川町立下広川小学校 屋内運動場

    公共・土木福岡県八女郡広川町

  • デザイン性を保ちながら生まれ変わったウッドデッキ

    デザイン性を保ちながら生まれ変わったウッドデッキ

    リフォーム・リノベーション福岡県八女郡広川町 K様邸

  • 家族の集う中心に暖炉のある家

    家族の集う中心に暖炉のある家

    住宅福岡県八女郡広川町 T様邸

  • 特別養護老人ホーム ゆめ広川

    特別養護老人ホーム ゆめ広川

    医療福祉福岡県八女郡広川町

新築・注文住宅

イノウエハウジングでは創業以来変わらず注文住宅を事業の柱としています。これまでに約500棟の注文住宅の建築に携わらせていただき、多くの経験を積んでまいりました。昔ながらの伝統的な工法も残しながら、多様なデザインに対応し、耐震性や断熱性など高い性能を備えたお客様に長く快適に暮らしていただける家づくりを心掛けています。お客様のご要望や夢をお聞きしながら、共につくり上げるオリジナルの住まいをイノウエハウジングで実現していただければ幸いです。

構造、工法へのこだわりMATERIAL POINT

洋風の住宅を希望されるお客様の比率が高まるのに伴い、近年は2×4(ツーバイフォー)工法、プレハブ工法、RC工法など、いわゆる“外来工法”で建てる家が増えてきました。それに対してイノウエハウジングは、日本ならではの在来工法である『木造軸組工法』で建てる家を提案し続けています。

木造軸組工法は、「面(壁)」ではなく柱や梁などの「軸」で構造体を築くので、デザインや間取りの自由度が高く、窓や扉などの開口部も広く大きくつくりやすいという特徴があります。さらに、ライフスタイルの変化等に合わせた増改築も他の工法と比較して非常に容易。お客様の様々なご要望に対応することが可能で、自在性の高い工法なのです。

性能へのこだわりMATERIAL POINT

日本各地での大規模地震の発生や、地球温暖化・省エネへの関心の高まりに
より、長く安心して暮らしていただける高い性能を備えた住宅が求められて
います。
イノウエハウジングの注文住宅は、国が定めた基準である「長期優良住宅(耐震等級2以上、省エネルギー対策等級4等)」相当の性能を標準としています。住まいに対するお悩みやご要望をお聞きし、より高い水準の性能を実現することも可能で、お客様にご満足いただける性能を備えた住まいをご提供させていただきます。

また、新築したときに高い性能を備えていても年を重ねるごとに性能の劣化が大きければ長く安心して暮らしていただくことはできません。イノウエハウジングは、白蟻や腐れに強い『緑の木』や錆びない金物などの使用を推奨しており、高い性能を長きにわたり維持していくことも意識した家づくりに取り組んでいます。

ハウスガードシステム

八女郡広川町の地域情報

<基本情報>
福岡県八女郡広川町の平均基準地価は
75,977 円/坪 (2021 年[令和 4 年])
総面積:37.94 平方キロメートル
総人口:19,407 人(令和 4 年 9 月 1 日)

福岡県南部にある豊かな自然に囲まれた町です。
自然な環境を活かし、特産品にはフルーツや八女茶などの生産をおこなっています。

八女市・久留米市・筑後市と接しており、国道3号線と九州自動車道が町の中心部を縦断しています。
都市部へのアクセスもいいのが特徴です。

久留米・広川新産業団地、広川中核工業団地などの企業誘致も進んでおり、また、多くの伝統産業が残された町なので、工房見学や風景を楽しめることでも有名です。

八女郡広川町のハザードマップ

万が一の災害に備え、迅速に安全に避難できるように、防災ハザードマップを各自保管しておきましょう。
日頃から、危険個所や避難経路等を確認するなど災害に備えるとともに、雨の降り方や浸水の状況に注意して、危険を感じたら早めに避難するよう心掛けておきましょう。

ハザードマップ情報はこちら

八女郡広川町の補助金について

〇広川町木造戸建て住宅耐震改修補助金交付事業

木造住宅の耐震改修に要する費用の一部に補助金を交付

<対象者>
対象者:建築士が行った耐震診断の結果、構造評点が、1.0 未満のものを 1.0 以上に補強する工事
補強工事額の50%(上限 90万円)


詳細はこちら

〇住宅改造費の助成


障害のある方が住んでいる住宅を生活しやすくするために改造する場合に、改造資金の一部を助成

<対象者>
視覚障がい又は肢体不自由の身体障碍者手帳1級または2級、療育手帳A判定を受けられた方で、段差解消など生活しやすくするための改造工事
助成金30万円以内


詳細はこちら

〇そのほか県や国の補助事業

<福岡県>
・ふくおか県産材家づくり推進助成制度
<国>
・こどもみらい住宅支援事業
・ZEH 支援事業
・LCCM 住宅整備推進事業
・地域型住宅グリーン化事業

STAFF
スタッフ紹介

  • 本社

    井上

    副社長 兼 久留米市店店長

  • 久留米支店

    倉員

    営業主任

view all

FAQ
よくあるご質問

Q.工期はどれくらいかかりますか?
A.住宅の場合は約4ヶ月~5ヶ月程度となります。
Q.断熱性能はどうですか?
A.断熱等級4以上を標準としています。
Q.費用はどういったものがかかりますか?
A.建物本体の工事と付帯工事(外構工事等)がかかります。また、工事とは別に登記費用、火災保険料、ローン手数料等が必要になります。
Q.耐震性はどうですか?
A.耐震等級3(通常の強度の1.5倍)を標準としています。
Q.住宅ローンの申し込みや手続きはできますか?
A.お客様のご要望に応じて金融機関をご紹介させていただきます。
Q.定期点検やアフターサービスはありますか?
A.3ヶ月、1年、2年点検を実施しています。3年目以降も毎年ご訪問し、状況をご確認させていただきます。